• 有線のLANよりもWifiルーターが便利です

    Wifiルーターを自宅に設置すれば、有線LANから無線LANに切り替えられます。

    有線での接続だと、デスクトップパソコンを置く場所が限られます。ケーブルが届く範囲でしか使えません。



    マンションの場合、あらかじめ穴が開けられた場所で使う事になります。


    大抵は電気のコンセントの近くにあり、部屋の四隅にしかデスクトップパソコンを置くことが出来ません。



    それだとインテリアに制限が生まれますし、有線LANだとスマートフォンやタブレットを自宅でオンライン化させられないのがデメリットです。


    Wifiルーターを設置すれば多種多彩なデジタル機器が無線でオンライン化させられます。
    ノートパソコンやスマートフォンやタブレットも簡単にワイヤレスで接続できます。

    デスクトップパソコンはWi-Fiを搭載していないですが、別途USB用のWi-Fiアダプターを接続すれば、Wifiルーターの電波を拾えるようになります。


    Wifiルーターは家電量販店で買う事ができ、最近はリーズナブルな値段で販売されているのが嬉しいところです。
    一般的なモデルだと5000円から10000円の価格帯で買えます。

    いわゆるヘビーユーザーでなければ、リーズナブルなWifiルーターでOKです。

    接続する機器数が増えてきたり、一分一秒を競うのようなネットの使い方をするようであれば、上位モデルのルーターに買い替えれば良いでしょう。



    まずは安価な物を使い、使用状態を見て買い足すか買い替えるのがオススメです。

  • 初心者向きwifi

    • 大手携帯電話会社やWiMAXなどをと契約してモバイルタイプのWifiルーターを購入すれば場所を問わずに端末の電源を入れるだけでWi-Fiアクセスポイントを作り出すことができます。Wi-FiモデルのタブレットやノートPC等をすぐにネット接続できるので特にビジネスパーソンなどによく利用されており、販売されている端末もモバイルタイプのものあるのですが、近年では据え置き型のホームタイプのWifiルーターも高い人気を博しています。...

  • 読めば解るwifi

    • 面倒な工事などは一切不要で持ち運びもでき、すぐにWi-Fiのアクセスポイントを用意できるWifiルーターは非常に便利なサービスとして認知されています。Wi-Fiモデルのタブレットやノートパソコンなどを主に使用している場合、外出先ではネットに繋ぐのが困難となるのですがWifiルーターがあればこれらの機器を外出先でも快適に利用できるのです。...

  • wifiのテクニック

    • SoftBankのサブブランドであり現在格安SIMの取扱事業者として最も勢いがある通信事業者がワイモバイルです。ワイモバイルでは低料金でiPhoneやタブレットなどが運用できることで有名ですが、実はWifiルーターの取り扱いもあり、こちらも大手携帯電話会社のプランと比較して低価格で利用できるためリーズナブルにWifiルーターを利用したいと考える人のおすすめです。...

  • 1から学ぶwifi

    • 海外旅行先で困ったことが起きた際でもスマートフォンやタブレットをネットに接続して検索をしたり地図アプリなどを利用すれば大抵の問題は解決できますし、LINE等のコミュニケーションアプリが海外でも通話料無料で利用できるので日本国内にいる人と連絡を取るのに有効です。大手携帯電話会社のスマートフォンは特別な設定などをしなくても海外でそのまま通信ができる利点がありますが、海外で利用する場合光学のパケット通信料が請求される恐れがあるため安心して利用しにくい難点があります。...